第4回 トクラスリフォーム選手権
最優秀賞 優秀賞 敢闘賞 エリア賞

優秀賞

洞窟を思わせる曲線デザインがアクセント。
団地の一室がリゾート感あふれる住まいへ

トクラスリフォームクラブ加盟店/
株式会社創造堂
「夫婦ふたり暮らしになったのだから、のびのびと優雅に暮らしたい」と、子どもたちの独立を機に、築35年の公団住宅の住まいをリフォームしたK様。広々とした空間を彩る洗練されたインテリアに、充実した“見せない収納”――。ライフステージの変化に合わせて華麗に生まれ変わった住まいにお邪魔しました。

モノトーンのダイニングに映える壁面

モノトーンのダイニングに映える壁面
LDKはリビング、ダイニングキッチン、和室に分かれていた以前の仕切りを取り払い、開放的なワンルームに。白と黒でまとめられたダイニングスペースで目を引くのは、正面のアールの下がり壁。「せっかくのリフォームだから、他にはないおしゃれな住まいにしたい」というK様夫妻の思いを受け、トルコ中部の世界遺産の地、「カッパドキア」の洞窟ホテルをイメージして造作しました。
壁には古材を利用したシェルフを取りつけ、奥様のトールペイント作品などをディスプレイ。間接照明がレンガ風のパネルの質感を浮かび上がらせ、雰囲気を高めています。すっきりとした空間の中で、遊び心ある華やかなコーナーが引き立ちます。

シンプルで使いやすい対面キッチン

シンプルで使いやすい対面キッチン
キッチンは、セミクローズドのL型だった以前のレイアウトを大胆に変え、ハイバックカウンターのI型を採用。「調理中でも家族やお客様と話したり、テレビを見たりできるよう、対面式を希望しました」と奥様。LDKが仕切りのないひとつの空間になったので、キッチンからリビングにも目が届きます。料理好きな奥様のため本体にはIHオーブンをビルトイン。黒のキッチンパネルで空間を引き締め、モノトーンの空間になじませました。
ハイバックカウンターは作業中の手元が見えず、ダイニング側からの見た目がすっきり。また、カウンターに食器を一時置きでき、配膳が楽になったそう。キッチンのワークトップと同じ人造大理石の台なので、汚れても掃除しやすいのがメリット。
食器や食品ストック、調理家電などは、キッチン背面に設けたパントリーに収納。「パントリーがあるおかげで吊り戸棚がなくても収納は十分。対面式のキッチンがより開放的に感じられます」。内部の棚板はしまうものに合わせて自由に位置を調節できて便利に。

収納を集約した広々としたリビング

収納を集約した広々としたリビング
リビングの西側は、幅4メートルの壁一面を利用して大容量の収納スペースに。右側は主に奥様の衣類をしまうクローゼット。左側は奥様が20年来続けているトールペイントのための、作業デスクを備えたアトリエコーナー。「デスクまわりの壁にキッチンパネルを張ってもらったので、絵の具がついても掃除しやすく助かっています」。
収納の扉は間仕切り用の建具を活用し、天井の高さに合わせて天地ぴったりのサイズをオーダー。扉を閉めれば整然とした印象のリビングに。クローゼット部分の扉の1枚を利用した姿見鏡は、身支度に便利なうえ、空間に一層の広がりを感じさせる効果も。

華やぎのある内装デザイン

華やぎのある内装デザイン
玄関はダイニングと同様「カッパドキア」の洞窟をイメージし、曲線美を生かした内装に。上がり框は奥様があこがれていたアールのデザインを採用。曲線にすることで框が広くなり、「孫たち来たときもスムーズに上がってもらえます」。
珪藻土仕上げのアールの壁は、ニッチや間接照明が一層の“洞窟感”をもたらします。集合住宅の一室とは思えない、広々とした高級感のあるエントランスになりました。
使いやすさと見た目を両立したリフォームを実現したK様邸。「リフォーム店さんには打ち合わせ時から『それいい!』と思える提案をたくさんしていただき、仕上がりも大満足。心からくつろげる住まいになり、夫婦共々家で過ごす時間が増えました」。
間取りBfore&After

リフォーム店からひとこと

「間取りの変更はもとより、おしゃれな住まいを希望されたK様。リビング収納の扉を天地にぴったり合わせるなど、何気ない部分こそきれいに納まるよう気を使い、シンプルで洗練された空間づくりを目指しました。そんな中で、トクラスのキッチンは加工性が高い人造大理石が使われており、既存の袖壁に合わせてカウンターをカットできるなど、施工面からも最適でした」。

お施主さまからひとこと

子どもが独立し、夫婦2人になったのを機にリフォームを決意しました。せっかくリフォームするのであれば、よりおしゃれな空間にとご相談しました。創造堂様にすすめられて行ったトクラスのショールームでは、トクラス商品の美しさとお掃除のしやすさも体感しました。これまでは家具や小物で空間をおしゃれにと工夫してきましたが、限界があります。部屋の中をカッパドキアのような雰囲気に一新していただき、素敵な空間に生まれ変わりました。おしゃれなだけではなく、たくさんの隠す収 納で使い勝手も良くなりました。思い描いていた理想以上のリフォームを実現できたことに大変感謝しています。
リフォーム費用 約1,000万円(税込)
リフォーム箇所 キッチン / ダイニング / リビング / 洗面 / トイレ
《トクラス採用商品》キッチンBerry
評価コメント
間取り変更が難しい、昔ながらの壁式構造の団地型集合住宅を、曲面の装飾壁や間接照明、インテリアの工夫によって、テーマ性を持った楽しい空間へと変えています。白を基調としたモノトーンのインテリアはカッパドキアを舞台とした映画「冬の轍」のワンシーンを彷彿させ、特に高品質なキッチンと黒いパネルのコントラストの取り方は、シンプルでありながら強い個性を感じさせます。