トップメッセージ

お客様ひとりひとりへ上質な生活提案をする「生活企画カンパニー」への挑戦 代表取締役社長 佐々木 良

私たちトクラスは、山葉寅楠(ヤマハトラクス)の山葉風琴製造所の創業にルーツがあります。楽器製造で培った技術をベースに誕生したリビング事業の歴史は50年以上に及び、今日までお客様の人生に感動を届けるために誠実な歩みを続けてまいりました。人々の憧れであった人造大理石カウンターを国内で初めて採用したシステムキッチンや、システムバスを癒しの空間へと変化させた浴室スピーカー「サウンドシャワー」など、ハイクオリティな商品を通してお客様の人生に感動を届ける「感動クリエーション」を実現してきました。
創業以来大切にしてきた「独創的なものづくり」の精神を受け継ぎ、2013年に社名をヤマハリビングテックからトクラスに変更しました。それからは日々、住宅設備業界の中で「トップクラス」を目指すために新たな価値の創造に挑戦し続けています。

現在当社は新たなブランド価値を高めるため、様々な改革を行っています。その中で私は、お客様ひとりひとりの生活に寄り添い、「ずっと、こころに届くもの。」を提供する意識を社員全員がしっかりと持ち行動していくことが、当社にとって大切であると考えています。昨秋発表した「くらしオーダー」は、お客様の暮らしにより最適なone to oneの提案を充実させました。また、ハイクオリティな当社オリジナルの人造大理石クラストン™は多くのデザイナーからも注目を浴び、様々な作品に使用されるようになってきました。

クラストンを使用したシステムキッチンカウンター

女性の活躍が目覚ましい昨今、当社も例外ではありません。社員の約半数は女性で、女性ならではの目線でお客様の生活に寄り添い、新しい価値を生み出している社員が多くいます。また、毎年社内で行っている技術展など、若手社員も自発的に様々なことに挑戦しているのも大きな特長です。直近ではグローバル商品を強化するプロジェクトを立ち上げ、多くの若手社員に参画していただいています。また、中国上海にオフィスを新設したばかりですが、今夏には販売子会社のある中国寧波に新しいショールームをオープンする予定です。

トクラスは古い歴史を持ちながらも、常に新しいことに挑戦し変化を続けている会社です。当社には、多くのことにチャレンジできる可能性とフィールドが広がっています。挑戦を恐れず新しいものを取り入れ、自分が中心となって変えていく、そんな志を持った方と一緒に働きたいと考えています。

新卒採用情報はこちらから

マイナビ2019